Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

小米ヘッドフォンで宇多田ヒカルを聞きつつ(九寨沟 後編)

夏休み2015 中国 旅行

いざ九寨沟

九寨沟内部は超巨大な自然公園をイメージしてもらえば分かりやすいと思う。山岳の中に遊歩道が整備されており、湖や滝などの絶景ポイントが点在している。

湖の水は時間や天気、見る角度で色合いが変わる。樹の影になっている部分はブルーの発色になっているのがわかるだろうか。

f:id:moriken_1113:20150916114302j:plain

ひときわ色彩が美しい「五彩池」。最初に見た時は思わず声をあげてしまったほど。

f:id:moriken_1113:20150916145941j:plain:w450

f:id:moriken_1113:20150916151337j:plain:w450

少し引いてみるとまた違った風景が見えてくる。

f:id:moriken_1113:20150916150824j:plain

他にも、昔の巻物に描かれてそうなものや、湖面が鏡のような景色もある。

f:id:moriken_1113:20150916090130j:plain

f:id:moriken_1113:20150916162706j:plain:w450

チベット族の土地だったここでは、チベットの宗教様式もあちこちで垣間見ることができる。例えば車輪のついた仏具。中にお経が納められていて、これを1回転させると1度お経を読むのと同じ効果があるらしい。それを水車に取り付けて自動化してしまうのも面白い。

youtu.be

九寨沟のTips

最後に九寨沟を巡る簡単なコツをご紹介。中国国内でも人気の観光地らしく、夏場はとても混みあう。そのため、気持よく周るには「入場ゲートが開く朝7時にすぐ入る」のがポイント。入場チケットは入り口近くのチケットセンターで買えるので、観光前日までに買っておくとよい。

  • 朝遅くなるとチケット及びゲートが混雑し1時間以上待たされる
  • 時間が遅いとゲートを超えた後のバスもかなり混雑。「並ぶ」という概念がなく、かなり中国に慣れている人でも苦戦する可能性あり
  • 入場料(バス代込)は320元/日と高額。朝一で入れば1日で全てを周ることも可能

中国本土はとてつもなく広いと思い知らされる大自然、九寨沟。たっぷりの水と緑とおいしい空気。幻想的な景色とチベット文化。妙な感覚だが、山林を歩きながら自分の故郷、北海道とこの風景を重ねてしまっていた。自然の感じがよく似ているように感じられたのだ。北海道にも青い色の湖(神の子池)があったりする。そして、こういう神秘的な景観は、やはりアイヌ文化で特別な意味を持った場所だ。

この特別な空間は、何か大きな、清らかなパワーを発しているに違いない。自分は、(運動不足という)汚れのせいか、遊歩道の階段の登り降りで膝を痛めてしまった。そう、九寨沟最大のTipsは事前の「ダイエット」...。