まだ暑い東京でセミオープンのヘッドフォンと初代 iPod nanoでミスチルを聞きながら(その1)

2015年9月11日深夜、久しぶりに社畜を満喫し職場から自宅へのタクシー車内で明日からの旅に思いを馳せる。今年の夏休みは、チームや同僚、上司の協力もあり、シルバーウィークと組み合わせ12連休。この大型連休を利用して、妻と中国メインランドを巡る!

行き先は、成都、九寨沟、黄龙、そして上海の4箇所。

きっかけは遡ること数ヶ月前。今年の5月に1ヶ月ほど上海に滞在し中国語を習っていた時のこと。老师の一人が大の旅行好きで、授業の際は中国本土の地理と名所について教わるのが常だった。そんな老师のイチオシが、九寨沟。これまで見てきた景色で「最好(best)」とのこと。

f:id:moriken_1113:20150916151337j:plain

九寨沟を中心に旅を組み立てる。妻の友人が四川省成都の出身であれこれオススメされる。こうして、パンダの故郷が目的地に加わる。黄龙は地理的にも九寨沟とセットだ。川崎と羽田空港の交通の便は半端なく良く、相対となる中国側のハブは上海虹橋として、上海にも寄ることにした。
 

初日は羽田から虹橋を経由して成都まで移動。三国志でも有名なこの街で3泊。

その後、成都から九寨黄龙空港。空港から九寨沟までは車で2時間。ここで2泊。九寨沟から黄龙は車で2.5時間。タクシーでも移動可能だが、自分たちは老师に紹介してもらった現地のドライバーにお願いした。黄龙で2泊。なお、黄龙から空港までは車で1.5時間ほど。

最後の滞在地は上海。九寨黄龙空港から上海浦东まで飛び、3泊。残念ながら九寨黄龙からの上海直行便は市街から遠い浦东空港着のみ。成都経由だと虹橋につく便もあるが、九寨黄龙空港は地理的条件(海抜3,500mの山頂に位置)からか天候不順で遅延がとても多く、乗り継ぎ時間が読みにくく計画が立てにくい。帰国は虹橋から羽田に戻る。合計10泊11日の日程だ。

翌日からの長期旅行に静かな興奮を覚えながらの帰宅だった。