Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

秋セメスターの選択クラス

会社のルール上交換留学には行けないので、自分は秋セメスターもHKUST、香港に残ることになる。ということで、今回は秋セメスターで受講予定のクラスを整理しておこうと思う。この時期になるとコアクラスはなく、全て選択科目である。
まだ確定ではないが、概ね次のような感じになりそうだ。

Marketing in China

ペプシコ中国のCEOだった教授による名物クラス。秋以外にも春セメスターにも開講されていて超人気クラスの一つ。教授のキャラが最高で授業が最高に面白いためだ。その一方で、受講者からは単純に経験を面白おかしく話しているだけで体型化された知識が身につく訳ではない、などの批判が多いのも事実。とはいえ、自分の授業選択基準は、授業が面白いことが最重要なので、このクラスはほぼ無条件に選択予定。

Financial Institutions in Practice

香港は金融の街でもある。ということで、銀行や証券会社などから実務家を招いて、その業務の実際を学ぶという授業だ。特に金融業界に就職を考えている学生(ってホトンドか…。)に評判が良いらしい。自分の場合はもちろんそんな事は考えていないのだが、彼らがどういう思考でどういう雰囲気で仕事をしているのか、というのには興味があり、受講してみることにした。

Challenges, Opportunities and Options of Starting Up

これは今年から新設されたクラスっぽい。主にテクノロジー、ITベンチャーのスタートアップからIPOまでの道のりについて学ぶ。授業の半分はITベンチャーからゲストスピーカーを招いての講話になる模様。USTには少ないアントレ系の科目でもある。ITベンチャーって近いようでSIerとは業界内で対局にある存在であり、エンジニアなら誰もが一度は夢見るワークプレイス。その実をMBAで体系的に見られるなら乗らない手はないかと。

China's External Relations and Their Economic Impact

中国とその他の国の外交面での関係とその経済影響について。って、授業名をそのまま訳しただけだけど…。外交面での関係って、最上位レイヤで民間のビジネスにも影響する。「アジアビジネスを推進する」というであればこれを抑えておくのは最低限必須だろうと思う*1。香港のMBAに来るということで、来る前にその手の話題は一応広く漁ってはいたが、こうやって授業として学ぶことができるのは、結構よいチャンスだと思う。おそらく、直近での領土問題などもディスカッションのトピックになるだろうなと思う。

Innovation and Intellectual Property Law

知的所有権とか著作権、特許などの法体系について学ぶクラス。中国ビジネスともMBAともあんまり関係なさそうだけど、IT屋としては重要な話題。USTってUniversity of Science and Technologyの略で、実は理系の大学だったりもする。ので、Tech業界出身者にとって、微妙に痒いところに手が届くクラスもあったりするのだ。さすがにApple vs Samsungの事例はタイムリー過ぎて準備が間に合わず授業で解説、ということはないように予想するが。

Global Economy and Emerging Markets

これは、PTの先輩が受講していてオススメしていたのでとってみることにした。大きくはマクロ経済の授業で新興市場を対象としている。USTにはマクロ経済で別の名物教授がいて、その人の影響でマクロ好きになったので、今からクラスが楽しみである。

ちょっと話がそれるが、マクロの教授って親日的な人が多い気がする。高度成長の時はミラクルジャパンとかそんな名前でHBSのケースにもなってたりして、通好みなのかもしれない。いずれにしてもありがたいことではある。

Audit

ここまでは、一応持ってるクレジットで受講可能なクラスで、あと2つほどAudit(聴講)を考えている。許可が得られれば受講するつもりだ。Technology And Innovation ManagementとData Mining for Business Intelligenceである。そろそろ帰任ということもあり、より実務に近いところから選んでみた。

Innovationの授業はケースがNintendoやIDEOなどでウケはよさそう。懸念点は教授が実務家ではなくずっと大学にいた人で、しかも博士をとって2年ぐらいしか経っていないという点。一方のData Miningは流行りというのもあり検討している。ただ、万が一にもクラスがBigDataとかCloudという文脈に言及しないと、ただ手を動かす統計の授業となり、理系としては最も避けたいものになってしまうので、そこを今、確認中(シラバスからはどうも読み取れない)。

それと、これはまだちょっと悩んでいるが、コアクラスの会計をもっかい受けさしてもらおうかなーとも思っている。結構忘れてそうだし、もともとよくわからないところから始めたので、2回受けて調度良いぐらいだったり、という理由である(笑)

ちょっと告知

8月30日に東京で開かれるMBA TourにHKUSTも参加するらしい。興味のある方は是非足を運んでみてほしい。ちなみに自分も2年前に参加してかなり受験のモチベーションが高まったので受験を考えている人にはオススメ。英語が不安でもほとんど問題ないのでご安心を。

http://www.thembatour.com/events/tokyo.shtml
http://mba.ust.hk/php/CMS/?m=20120830&cat=7

*1:日中含めて毎日ちゃんと新聞とか読んでれば常識なのかもだが...。