Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

SIerについてみんなに知ってほしいこと

はじめに

香港に来てから出身業界の違う人と交流する機会がそれなりにある。知らない世界を知ることができて、とても恵まれたチャンスである。自分は日本のSIerに勤務しているんだけど、同業者同士(日本のIT)であれば「某社勤務なんですよー」でほぼ通じてしまうのだが、業界が違い、国が違えばそれは通用せず、社名を伝えても、業種を言っても「???」となってしまう*1

さらには、修行が足りないため、自分の業界や仕事について説明することは結構難しかったりする。ということで、この辺で、バックグラウンドを共有しない人にも自分の仕事のさわりを掴んでもらえるよう少しまとめてみようと思う。誰かの何かの参考になるかもしれないし、次に説明する時のネタにもなるかもしれない。

SIとはIT業界の一業態

まず、一口にIT業界といっても、実は色々な業態がある。例えば、MicrosoftはWindowsやOfficeといった個人向けのソフトウェアを開発して売ることをビジネスとしている。Appleは加えて、自分でiPhoneやMacといったハードウェアも手がけている。Googleというの会社はインターネットの検索サイトを構築し、そこに広告を掲載することで利益を得ている。

System Integration(SI*2)とはそんなIT業界の一業態だ。日常語に翻訳すると「テイラーメイドであなた専用の情報システムを作りまっせ」というビジネスである。

情報システムはビジネス推進に不可欠

例を挙げて考えてみたい。もしあなたがコンビニチェーンを新規に始めるとしよう。すなわち、数多くの仕入れ先から商品を仕入れ、自社の倉庫で受領し、受領した商品は個別店舗の注文に応じて分配、仕入先には代金を支払い、店舗からは代金を集金するというのが基本的な物とお金の流れとなる。

ちょっと考えてみるだけで、このの業務を成立させるためには、

  • 仕入先管理
  • 在庫管理
  • 配送管理
  • 店舗管理

などといった機能が必要であることがわかる。それぞれは更に、受発注、売上管理、決済などに分解される。場合によっては顧客の購買パターンを分析して、地域毎の売れ筋商品を判別しマーケティングや効率的な在庫管理のデータとして利用する、といったことも必要かもしれない。これらの業務を現実問題として推進するためには、ITが必要であることは想像に難くないと思う。

SIを請け負うのがSIer

では、こういったことを実現させる情報システムはどうやって用意すればよいのだろうか?

その解の一つがSIという方法である。SIerと呼ばれる情報システム構築を専門に扱うファームにそれを依頼するのである*3。有名ドコロのSIerとしてはIBMNTTデータ、富士通、日立、NECといった会社がある。

上記の例を眺めると、SIの業務においては、顧客業務、例で言えばコンビニの業務や現場を知る、というのが使いやすく効率的なシステムを作成する上では欠かせないというのも合わせて理解してもらえると思う。IT企業で働く人のことをSystem Engineer(SE)と呼ぶのだけれど、SIerに勤務するSEに必要な能力はITではなく、業務知識(とコミュニケーション能力)である、としばしば言われることがあるのはこの理由である。顧客が必ずしも作りたいシステムや最適な業務の絵を描けているというわけでもないので、顧客とともに葛藤したり、仮説を組み立てたり、提案したりといった、ある意味コンサル的な側面もあるのである*4

まとめ

まとめると、SIという仕事はIT業界における業態の一つで「顧客の業務を分析しITを使って、その業務を効率化させたり、場合によっては付加価値をつけたりする」というものである。SIにおいては、どちらかというと、ITは手段であって目的ではない。その意味で全くプログラムが書けないSEというのも実はSIerにはたくさん存在しているのがイメージとは違うところかもしれない(それがいいのか悪いのかは別として)。

冒頭に戻って「じゃあ、morikenは、SIerというところでSEとして仕事をしてんですか?」と聞かれそうだが、残念ながら、答えは半分Yesで半分はNoである。実はSIerの業務ももっと細分化していて、巨視的に言えば、自分はその歯車の一枚なんだけど、それが自分の業務の説明として相応しいかというと、結構違う、といった感じである。

じゃあ、一体なにやってんの?という声が聞こえるが、修行不足のため、これまた説明が難しいので、気が向いたら続編として別エントリにまとめてみようと思う。とりあえず、ばっくりどんな業界のどんな業態かというのが理解してもらえれば当面良しとしようかと。

*1:自分の場合親会社が強大すぎてそっちの話題をふられることも多い(笑)

*2:正しい英語では別の言い方があるのかも

*3:SIerもパッケージを担いだり、ASPやクラウドをやったりしている、という同業者の方のお叱りが聞こえるが、ここでは説明の都合話をすごく単純化している

*4:近年は情報システムの活用が重要な経営戦略の一つとみなされる事も多い