香港大学の学生ですが、ちょっとお話を…

アジアのMBAを考えている、という人以外には全く未知の話かもしれないが、香港大学(HKU)、香港中文大学(CUHK)、香港科技大学(HKUST)は合わせて(ごく一部の人の間で)香港MBAの御三家と呼ばれているライバル校である(ちなみにシンガポールにもMBA御三家がある、気がする)。


中でも香港大学は、大学名に"科技"とか"中文"とかいう余計な単語がついていないとても由緒正しき総合大学である。また、いわゆる大学ランキングでは、東京大学を抑え上位にランクインすることも多々あり、アジアを代表する世界のトップ校としての顔を持っている。


そんなこんなで、今日は前から気になっていた香港大学、HKUを訪問した。湾仔から40Mのラベルのバスに揺られること30分、HKUのメインキャンパスはミッド・レベルという高級住宅街にある。余談だが、どういう訳かはわからないが、香港政府は大学を山に建てるのが随分お気に入りの様子(御三家とも山にある)。


ちょっとドキドキしながら中に入る。香港ナビで予習したとはいえ、今回は一人での訪問で、何だか少し不安である。


East Gateをくぐり、階段を登って、エレベータに乗り、メインキャンパスへ。案内を見て右手に行けば図書館があるのはスグに分かったが、真っ先にそこに行っては面白くないので左に曲がる。しばらくうろうろしていると学食にたどり着く。メニューは特に珍しくもない。何だかおしゃれなサンドイッチのお店があった。これは羨ましい。


と、外に出てみると庭らしきところに、孫文の像。さらに教育学部の建物っぽい中を抜けてちょっと歩くと学食があって、その横に6・4天安門事件をモチーフにした嘆きの像があった。


ちょっと脱線するが、最近、香港では天安門事件について記念館を建てようとかそういう動きが活発化している。これは香港の中国返還から50年たった時を見据えての動きなんだろうと思う。特にここは大学だし、あわよくば引き続き自治権、少なくとも言論の自由とかそういう権利を認めさせたいという意図が働いているのではないだろうか。


時間にして1時間ぐらいの散策だったんだけど、勝手も分からずウロウロしている間に汗だくになってしまったので、この辺りでキャンパス見学は終わりにして図書館に向かう。


実は先日JULACカードというのをUSTの図書館で作成しており、香港内の大学の図書館には自由に出入りできるのだ。ちなみにこのカードは香港の大学に通う大学院生は無料で作れて、本を借りることも可能。Main Libraryの受付でカードを提示して、IDとPINを登録する。JULACカードの裏にバーコードが貼られ、入り口のゲートにこれを読みこませることで入場できる。後で驚いたが、図書館備え付けのPCなどもこのIDとPINで利用可能だった。


基本的に普通の立派な図書館なんだけど、特筆すべきは3Fのスペース。最近リノベーションしたらしく、随分とおしゃれで機能的な空間が広がっている。今は夏休みのためか学生は少なかったんだけど、広々とした空間にセンスのよい椅子や机が並べられており、コンピュータブースもある。


ふと隣をみると、HBSのビジネスケースを読んでいる女子が。MBAの学生は今交換留学中であるハズなので、ひょっとしてHKUではMBA以外でもケースを使った授業が行われているのかもしれない。


2時間ほどここに滞在し、少し所用をすませたあと*1、West Gateから帰ることに。途中、なんか趣のある謎の建物にでくわす。よく分からんが、きっと何かの重要な建物に違いない。その後、北角行きのバスにのりMTRに乗り継いで帰宅の途についた。


香港大学のキャンパスは、さすが創立100年の伝統校ということもあり、学内の建物、景観が何となくシックな感じでまとめられている。イメージとしては、日本の旧帝大のそれに近い気がする。一方、キャンパス自体は想像よりこじんまりとまとまっていて、感覚的にはHKUSTの半分、CUHKの4分の1ぐらいの感じ。ただ、内部に建物が一杯たっていて、しかもホトンドが高層建築なので、総床面積で言えばかなりの広さと思われる。香港で一番リッチな大学、というのも頷ける。


ちなみに、本日のタイトル「香港大学の学生ですが、ちょっとお話を…」は、香港のStarbucksとPacific Coffeeで交わされた会話の一部である。とあるいきさつから、MBAのプロジェクトで両コーヒーショップの違いを考察することになり、実際に店舗でお客さんにインタビューを敢行した時の一コマだ。その際、相手の警戒感を解くため、ここ香港で最も名が知られ信頼されている大学の名前をちょっと拝借したのである(ただ意図的にof Science and Technologyを小さい声で言っただけ、ともいう)。



(関連エントリ)
CUHK(香港中文大学)に行ってきた
香港MBAを見たいと思ったその時に...

*1:香港の大学に通う学生はどの大学でも学内ネットワークを利用できる