Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

悩ましい日々

MBA生活も1ヶ月が過ぎました。ですが、最近凄く気が重いです。英語ができないなどの理由も大きいのですが、一番は、存在を認知されていないことに気づいたことです。


いや、些細なことなんですよ。きっと。でも、その数が多く積み重なると、これは凹みます。例えば、とあるグループミーティングで、最初に自分が指摘したことを、後から別のメンバーが発言して、ナルホド的な展開になったり(いや最初に言ったの聞いてなかったの?)、とある会合で、自分が前から主張していたことが、丸っと別の人の意見に置き換わっていたり(ちなみに、その別の人には私が以前その話をしていた)、ディスカッションで発言を無視されたことは数知れず、キャンパスですれ違った時にクラスメートに挨拶したのを無視されたこともあります(って単に気づかなかっただけと信じたいけど)。


認知欲求は、人間の中の最も根源的な欲求の一つです。人間にとって、嫌われるよりも無視されるのがいちばん堪えます。冒頭の英語できなさも加えて、かなりダメージを背負ってます。


このクラスタの中で関係性を絶って生きて行くことは、想像できないほど時間とお金のムダなので、ここはなんとしても何かにしがみついて、関係を構築する必要がありそうです。以前、尊敬する先輩から聞いた「英語喋れない奴と話してくれる人なんていないよ〜」という言葉も重くのしかかります。


すっごく後ろ向きなエントリですが、まぁ、たまにはこんなのもいいかなーと(Fさんの影響もあるかも(笑))。