Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

想定される1日(米国編)

6:00 起床

いつものようにCNNを見ながら身支度を整える。軽くシャワーを浴びて、日本と同じように朝マック。

8:00 ELSに向け出発

スクールバス的な乗り物で語学学校へ。バスの運転手は、ちょいと太り気味のいつものオバサン。

9:00〜12:00 英語クラス 午前の部

TOEFLのスピーキングのようなネタで議論する。「過去に戻って会いたい有名人は?「ジョン・レノン」。こんなことを延々話す。

12:00〜13:00 ランチタイム

アメリカの学食ではホントにハンバーガーとフレンチフライを食べてコレステロールを貯めていることにショックをうけつつ、長いものに巻かれる。

13:00〜16:00 英語クラス 午後の部

発音練習をひたすら実施。いつまでたってもLとRの発音が習得できない。

16:00〜18:00 図書館で勉強

英語に慣れ、MBA生活をスムーズに迎えることが目的なので、無謀にも The Economist や Harvard Business Review に挑戦する。

18:00〜20:00 クラスメートと夕食

なんだかんだで、アメリカのジャンクフードを肴に、アルコールに手を出す。

20:00〜21:00 ジムで脂肪燃焼

会社の産業医の先生の脅しを真に受けて、黙々と運動する。が体重はあまり減らず。

21:00〜23:00 日本語サイトの構築

HKUST MBAの日本語サイトを作る計画があるので、それに取り組む。

24:00 就寝

おやすみ〜。


全くの予想です。ってちょっと悲観的すぎるかな。実際にどうなるかは行ってみてのお楽しみ(笑)