Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

研修とエッセイ

MBA準備 雑記 MBA

飲み会×3

先週の金曜日は飲み会3連チャンでした。初めは主任研修終了時の懇親会。同時期に昇格した方々と一席。不景気の影響で一時に比べて規模は縮小したようですが、それでもこの手の宴会にソコソコ会社の予算がつくのは、このご時世ではありがたいことです。30分ほど仲の良い同僚と歓談して次の会へ。ちなみに、その同僚は研修(別のクラスだった)のディスカッションで講師を論理的にボコボコにしたとのこと。素晴らしいポテンシャルですw


次はアゴスの壮行会。場所は新宿ハイアットリージェンシー。横浜から湘南新宿ラインに乗って、19時23分に新宿到着。学生時代、三角ビル(三井ビル住友ビル)でインターンをやっていた経験があり、楽勝だろうと思ってたら、予想に反して新宿駅で迷子に。結局45分ごろ到着となりました。

乾杯も終わってるかなーと思いきや、まだお偉いさんの挨拶の途中でした。ほどなく、HBS の現役学生の方のスピーチがあり、3つのメッセージをいただきました。(1)外国人(日本人)を言い訳にしない (2)日本の代表であることを意識する (3)エンジョイする。女性の方だったのですが、凛として、堂々とした立派なスピーチでした。さすがハーバード!その後前社長のホンダさんのスピーチ。ご自身の体験から、留学後に「これをやったんだ」と胸をはって言える何かを身につけて欲しいとのこと。なるほど〜。


実は、この時点でおよそ20時。一向に乾杯が始まりません(汗)。ようやく受講生代表で乾杯の音頭を取る方が前に。いよいよビールが飲めるか?と思いきや、またもや長々と話をはじめました。海外留学で survive するには、空気を読めない鈍感力も重要なんだな〜と実感した瞬間でした(笑)


乾杯後は自由歓談。進学先の地区毎にテーブルが分かれていました。私はアジアデーブルにいたのですが、出席者の中で中国、香港留学の人は自分だけで、あとはみなさんシンガポールでした。にわかにアジアMBA界でのシンガポールの勢いを感じました。Twitter経由で知り合った kosu0621さんをはじめ、面白い方達ばかりで、いつかアジアMBAの会(という名の飲み会)をやれたらいいな〜と漠然に思いました。


印象的だったのは、みなさん(私を含め)キャリアの空白期間に結構不安を感じているんだな〜ということ。受験準備中はどうしても業務がおろそかになりがちで、成果については中途半端感があります。そこに加えて「1年以上業務から離れたら一体どうなってしまうんだろう」というのは誰しも感じていることのようです。まぁ、ここまで来たら前進するしかないんでしょうけど。


あとは、何故ここで?というのはあるのですが、社内の社費候補のみなさんとも少しゆっくりお話できました。2人とも、ホントに前向きです。社内にも立派な人はいるなぁ〜なんて思ってしまいました(笑)。もう少しだけ気が抜けないようですが、まもなく春が来る予感です。


ひところ挨拶が終わったころで会も終了。次に移動です。会場から出る途中に偶然、とある方と知り合いに。この夏より私費で Duke(LLM) に行くとのこと。話が面白い上に、人当たりがよく、聞けば超一流企業勤務とのこと。今思うとホントにスゴイ人たちの集まりでした。北海道の片田舎に生まれ育った自分がこんな場所に来るなんて実感沸かないわ〜と、ちょっとだけ感慨にふけったりした会でした。


最後は川崎です。会社の仲間が先週に引き続き壮行会(いや、唯の飲み会?)を開いてくれました。とりとめもないながらも愉快な話を延々と繰り返し(内容はモチロンここには書けませんw)、気づけば1:30。私は自宅が徒歩でも帰れる場所なんですが、タクシー帰りの人もチラホラ。私は家につくと2:00前でした。携帯のバッテリーが切れてたので連絡できなかったのですが、家に入ると妻が鬼の形相でした。いや、反省です。今後は何があっても連絡するようにせねば〜。

非公式日本語サイト

6月中旬から1ヶ月間米国でELSを受講するのですが、その間、少し時間が取れそうなので、香港科技大のMBA非公式日本語サイト(HKUST MBA Unofficial Japanese Web site)を作ろうかな〜と計画しています。

Twitter でつぶやいてみたところ、他の大学に進学される方も割と同じことを考えているようで、意外にアリかな〜と感じてます。クラスメートとなる日本人の方も、時間が出来たら協力してくれるというありがたいコメントを寄せてもらってるので、まずはフレームワークを作って、色々情報をアドオンできるような形式にしたいな〜と思ってます。なんちゃってSEは、こんな時しか貢献できなそうですしね(笑)

ということで「つくろうと思うんだけど、おk?」というメールをアドミに送ってみました。どういう反応が返ってくるか今から楽しみです(とかいいつつ全面否定されるとちょっと凹むなぁ)。