香港訪問(1日目)

この日から3泊4日の日程で香港を訪問しました。キャンパス訪問、家さがし(プレ)、観光(食道楽)が目的です。



キャセイパシフィック

10時30分発の飛行機。GW真っ最中であるにも関わらず、ガラガラでした。おかげで機中は快適そのもの。周りを見回すと1列つかって寝転ぶ人がちらほら。

機材も素晴らしかったです。映画のバリエーションも多く、各席にコンセントまで装備されてました。リクライニングは倒しても後ろの席には全く影響しないタイプ。個人的にはこんなタイプの座席が存在していたことすら知りませんでした。機内食も及第点、お酒もたっぷりありました。

北海道帰省の際にANAを使ったのですが、国際線、国内線の違いがあるとはいえ、随分と差がついてしまったものだと複雑な気持ちになりました。

香港は中国

実は香港は3年ぶり2度目の訪問でした。以前はあまり何も感じなかったのですが、今回はそれを強く意識させられました。香港は中国だという事実を。

ここ1年の間に上海を訪問することが何度もありました。CEIBSテストの受験だったり、プライベートだったり。今回香港を訪れて最初に感じたこと。それは、街の雰囲気が上海と似ているということでした。香港が大陸化しているのか。中華系の近代都市の方向性なのか。興味深い発見でした。

オープントップバス

夜はオープントップバスでネイザンロードと女人街を回るツアーに参加しました(冒頭の写真)。少し風が強い日でしたが、観光都市としての香港をエンジョイできました。

その後はホテルの周りをうろうろ。全般的に香港には日本食のお店がたくさんあり、何かと重宝しそうな感じです。十勝豚丼の店があったりして、思わずパチり。