Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

今後のスケジュール(想定)

MBA準備

6月20日のELSが受講が半ば must 条件になってしまったので、諸々勘案すると次のような線となりそうです。

ASAP

ELS受講の申請

オンラインでできる所までは手続き完了で、後はクレジットカードでの支払いと、申請書の署名&メール、財政証明書の送付です。

これらは会社の人事部と手続きを相談する必要があるので、連休中はあんまり進展しなそうです。いちお、諸々の報告と動き方について相談するメールをしておきました。あと、財政証明書は雛形を印刷してサイン待ちの状態のものを用意して人事部に郵送しました(連休中は社内便が使えない&金曜日に直ぐサインして欲しいため)。

私自身は金曜日は香港でキャンパスビジット中なので、月曜日にまるっとELS関連の手続きを完了させたいところです。

米国ビザの申請

米国ビザについては、まさかその申請するとは夢にも思ってなかったのですが、必要に迫られて少しググってみました。

米国ビザの取得には面接が必要で、しかもこの時期かなり込み合うとのことです。6月20日に間に合わせるためにはこちらもASAPで着手しなければなりません。

申請にはELSから発行されたI-20という書類が必要っぽいのですが(これが発行されるにはELS受講申請を完了する必要がある)、どうやらこれが無くても面接の予約はできるっぽいです。ただ、なんだか厄介なノウハウがあるようで、ここは時間を買う意味でもビザ仲介業に依頼するのも手かなと思いはじめてきました(安いところで2万円くらいのようです)。

5月18日まで

諸々書類を HKUST にメールで送信

ELSの受講証、MBA Depositの支払い控え、Accept Letter を送る必要があります。そして、これまたELS入学手続き完了が前提条件だったりします。Depositは今直ぐにでも支払いたいのですが、これまた連休中で銀行は空いてません。金曜日は平日なのですが、その時は香港です。ということで、送金は月曜日の午前中に実施予定です。

香港ビザ関連の書類を揃え HKUST に EMS で送付

香港ビザ関連の書類は、今日あらかた揃えていて、あとは財政証明書だけです。米国ビザでも必要なので合わせて人事部にお願いしました。

できれば、諸々上手く回って、金曜中に処理が終わり社内便で送付してもらえれば助かります。そうすれば月曜日中にビザ手続きを完了できます。

ただ、ここにも一つ注意があって、通常、香港の学生ビザの申請時は配偶者ビザ(dependant visa)を同時に申し込めるのですが HKUST を経由する場合、それが無理とのこと。

なので、一度私が学生ビザを申請し、それが許可されたら、その資格を使って配偶者のビザを申請する必要があるのです。ビザの手続きは通常6〜8週間必要とのことですので、妻のビザは8月に間に合わない可能性大です。

アドミの話では「旅行者ビザで入国しておいて、後で切り替えるというのもOK」ということなので、実際にその運用が必要そうです。妻は今回の香港旅行のために multiple travel visa を取得しておいたのですが、それが思わぬ形で役立つ格好となりそうです。

study mode の選択、insurance 関連の手続き

交換留学どうするか、とかインターンシップについての選択です。これも人事部に相談しないといけないっぽいです。伝え聞いた話によると無給のインターンシップのみOKらしいです。

6月中旬まで

プロジェクトの整理

プロジェクトメンバに土下座して引き継ぎを無理やり実施させてもらう必要があります。正直、この1年間全然部に貢献できてなかったので、この作業はかなり心苦しいです。

渡米関係の手配

航空券の手配や向こうの住居の予約なども必要です。問い合わせたところ、ELSが寮のような場所を斡旋しているのでそこに落ち着くと思います。ELSはかなりマイナー都市で日本人がいないところなので、飛行機は何度も乗り換え必要です。

引越し関係の手続き(日本)

管理会社に引越しの連絡をしたり、引越し業者の見積もり、手配が必要です。噂では会社でコンテナを用意してくれて、ある程度の家財はそこに入れられるそうですが、実際のところは不明です。

ELS受講

向こうで生活をセットアップして、4週間英語漬けになる見込みです。

7月下旬まで

引越し関係

今借りている家を引き払い、香港に向けて引越しが必要です。また、妻は一旦帰任して向こうで手続きがあるそうです。

ライフライン(電気、水道、ガスなど)の解約手続き、住民票の移動、国際免許書の手配(念のため)などもこの期間にやってしまう必要があります。

その他手続き

関連して、健康保険関連の手続きも必要かもしれません。留学中は妻は休職状態となるため、扶養家族になるかもと予想しています。

8月上旬まで

香港居住関係

香港での家探しと契約。生活に必要なものを買い揃えて、銀行口座を開いたり、携帯電話の契約、滞在申請的なものも必要そうです。

MBA関連

受講する授業の登録やその他プログラム受講に必要な手続きが諸々ありそうです。


ということで

こうしてみると、なんだか、イッパイイッパイな気持ちになってきました。無事入学できるかな〜と心配です(笑)

写真は先日の函館の時のものです。こんな風景にいると心が落ち着くな〜。