Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

びっくりしたこと

MBA受験

昨日の16:30ごろでした。会議中だった私のもとに会社の先輩から社用携帯にTELがかかってきました。


 先輩:「なんか、英語の電話ががかってきたよー。Nさん(英語堪能)に代わってもらったんだけど30分後にまたかけ直すって」


17:00ごろ会議を終えて自席に戻って議事録をまとめなどをしていた際、また電話がかかってきました。


 電話の向こう側:「Is this XXXX? I'm YYYY from HKUST MBA Office...」

 私:「!!?#$」


最初に英語の電話と聞いたときに「もしかして?」とは思ったのですが、なんとAdmissionOfficeからの直電でした。その後早口で色々話してましたが、どうやら

  • 君にオファーを出そうと思う
  • でも君のTOEFLのスコアは悪いから条件付きだよー
  • TOEFL でもっと良い点数とるか今後の英語の学習プランの提示してね

ということを言っているようです。


それで「どっちの条件がいい?」と聞かれたので条件反射で「To be honest, I hate TOEFL」と答えてしまいました。まぁ先方も爆笑していたのでよしとしようかと。

そんなこんなで、その10分後ぐらいにメールで正式な(?) conditional offer が届きました。8月までの英語学習プランを提示せよとのこと。先方はちゃんとした機関の英語コースやUSのサマースクールのようなものを想定しているようなので、人事部と相談しつつなんとかおさめたいと思ってます。


ということで、MBA受験の全ての結果が出揃いました。奇跡的に受験した全ての学校から何らかの形でオファーをいただくことができました。色々な方々に様々な支援をいただいたおかげです。本当に支えてくれた人たちに感謝の気持ちでいっぱいです。とにかく、うれしい驚きがあった日でした。