雑記

ヨーロッパで小さな悪から身を守る

今日は久しぶりにまたヨーロッパ旅行の話。旅先で経験したトラブルについて振り返ってみようと思う*1。 謎の人たち 日本人の感覚では、一瞬理解できない人たちにヨーロッパでは結構たくさん出会った。 地下鉄でいきなり歌い出す/楽器の演奏を始める コスプレ…

Amazon EC2 は Innovative か?

今、Technology and Innovation Managementという授業を受けているのだが、これが結構面白い。今まで2回授業があったんだけど、Innovationの分類軸、エコシステムとプラットフォームの関係、Winnter-take-all-marketといった概念やフレームワークを扱った。…

エンジニアのためのMBA参考書

MBAというところには、様々なバックグラウンドを持った人が集まってくる、というのは迷信である。 実際は前職が金融やコンサルというのがかなり多く、会計士や弁護士といった士族も結構いる。また学部の専攻がビジネスである者も多い。非ビジネスバックグラ…

心を動かされた観光地 (ヨーロッパ紀行 2012年、夏)

今日はまた旅行の話題。ヨーロッパから帰ってきて友人や知り合いに会うと、真っ先に聞かれるのがこの質問。 ヨーロッパでどこが良かった? ということで、今回は、やはり感心が高いであろうこの話題、ヨーロッパで特に心を動かされた場所について紹介してみ…

水の都にあった秘密の小道 (ヨーロッパ紀行 2012年、夏)

前にも書いたように、この夏、新婚旅行に行ってきた。行程は香港→フランクフルト→ミュンヘン→パリ→バルセロナ→ローマ→フィレンツェ→ベネチア→ミラノ→インターラーケン→チューリッヒ→ウィーン→フランクフルト→香港。今回は、この中で美味しいと思った料理、レ…

SIerについてみんなに知ってほしいこと (インフラ部隊編)

以前にSIerとはなんぞや、というのを簡単に整理してみた。顧客の業務を効率化したり付加価値をつけたりする目的の情報システムを、状況に応じてカスタムメイドで作る、というのを生業としている会社のことである。前エントリは自分の業務をバックグラウンド…

ヨーロッパ紀行(2012年、夏)

新婚旅行に行ってきた。実は2年前に結婚したんだけど、MBA絡みでずるずると引き伸ばし今頃になってようやく出発したのだ。実は生まれてこの方ヨーロッパの地を踏んだことがない。アメリカには行ったことがあるが、32年の人生で初のヨーロッパ。なんだかとて…

厦門滞在記

香港国際空港から飛行機で1時間あまり、常夏の楽園アモイ(厦門、Xiamen)は中国と台湾の国境沿い、中国側にある。 街の雰囲気は、南国のイメージにぴったりで、何か、どこか、おおらかな、のんびりしたような感じである。香港の騒がしい、忙しない風景とはか…

香港の旅行代理店の価格戦略

厦門旅行 厦門(アモイ)、というのは、香港から飛行機で1時間ほどの場所だ。中国(PRC)と台湾(ROC)の境界でPRC側、といえばイメージがつきやすいかもしれない。 map:x118.089445y24.479806:map:h250 6月28日は妻の誕生日である。当初は結婚関係のイベント…

香港大学の学生ですが、ちょっとお話を…

アジアのMBAを考えている、という人以外には全く未知の話かもしれないが、香港大学(HKU)、香港中文大学(CUHK)、香港科技大学(HKUST)は合わせて(ごく一部の人の間で)香港MBAの御三家と呼ばれているライバル校である(ちなみにシンガポールにもMBA御三家…

四川料理を食べながら

昨夜は香港MBAの仲間の一人が交換留学に旅立つということで、その送別会だった。 TSTのレストランで四川料理を食べながら、お酒も飲みつつしばし談笑。結構辛くてビールが進む。美味しい。 そんなこんなで、ひところ落ち着いたところで、旅立つ本日の主役か…

泥水は美味しいか?

会社で「あいつはキレる」と評判の先輩社員と一緒のプロジェクトを担当した際の雑談の場面での一コマ。 先輩曰く「最近は若い間に泥臭い仕事をやるチャンスが減ってきた。単純にそういう仕事に対して新入社員が多い、という会社の構造変化によるものだが、い…

ルパン三世と夏の京都

今、ルパン三世の新シリーズが日本では放送されているらしい。自分も高校生ぐらいまではこの作品が大好きで、ときたまテレビで2時間の特番が放送される時は欠かさず見ていた。 あれは、浪人生活を1年過ごした後の大学1年の夏休みのこと。当時、高校からの友…

香港サバイバル (香港グルメその2)

はじめに 3週間ほど前に、授業の帰りに日本人同級生のAさんと一緒になり、香港における日本食事情を熱く語り合った。一般的に言って、日本人にとって香港の料理は美味しい。何だかんだいって、文化的に中華料理を受け入れる土壌を持っていることは大きい。食…

BigDataとは何を象徴しているか?

「データマイニング」という言葉を初めて聞いた(見た)のは、M1の時、工学部の図書館でうろうろしていた時だ。その時の感想は、また変てこな言葉作ったなー、だった。データの中から知識を発見するという試みは、もう随分と前から行われていた。学部生の時に…

CUHK(香港中文大学)に行ってきた

今回から数エントリほど、MBA界隈の人気ブログの形式をパクってオマージュして、ブログを綴っていこうと思います。記念すべき第1回目は、毎日ブログを更新しているシンガポールのカリスマブロガー、kosu0621さん風でお届けします。 今週の火曜日に、香港中文…

Perception is more important than reality

今回は(も?)完全に妄想ネタです。 仕事ができる人は必ず出世するか? という問があったとします。はたして、みなさんはどう答えるでしょうか?おそらくほとんどの人は「残念ながらNo」と回答するのではないでしょうか(妄想1)。ところが、一方で 仕事が…

シンガにするか、香港にするか、それが問題だ

昨日シンガポールのNUSのMBAに通うkosu0621さんが香港にやって来た。彼の旅の目的は、シンガポールという国を見つめなおすキッカケとして、外である香港からそこを眺めるというものだそうだ。香港で生活する自分もkosuさんの気持ちはよくわかる気がする。外…

MBAの価値とサンクコスト -MBAは役に立つのか?-

MBA留学をしていていて、ブログを書いている人は、誰しもその期間中に一度は触れることになるだろう、この話題。MBA留学の価値について考えてみたい。 MBAの価値を決めるもの MBAの価値を考えるには、その評価軸を決める必要がある。例えば、 お金に関係する…

リスク、リスク、リスク

今日から第4タームが始まった。昨年末の第2タームのふり返りや3タームについてまとめる前にこれを書くのもあれだが、今日の授業で個人的に面白い発見があったのでエントリにまとめておく。 さて、話はストックオプションから始まる。ストックオプションとは…

英語が聞こえるとはどんな感じか?

「この人が話しているのは本当に英語なんだろうか?」5年前に、CNNを見た時に思っていたことだ。「一体全体アメリカ人はこれを聞き分けて理解できるってどういうことなの?」、つまり英語が聞こえるってどんな状態かというのはその時以来の疑問だった。 自分…

Genius programmer from Tokyo

2 days ago, I had a guest from Tokyo *1 and we enjoyed a good time. Walking around HK and through his conversation, I observe that I've changed myself. This short entry is just for my memorandum. Geek vs Suit In a word, I found myself beco…

「アプローチの方法」が売れる時代

「cos75°を求めなさい」という問題を見た時に「え、まじ?そんな中途半端な角度で求められるの?何か重要な公式覚え忘れたかなぁ〜」と思う人は私と同じ普通の人だと思います。数学が得意な人は「75°なんて手計算で求められるハズない。ということは、30°や4…

「楽しい」の成分

「3泊4日の修学旅行が北海道スキーツアー」というのは高校生当時、道産子の自分には全く理解できないことだった。貴重な修学旅行の時間をスキー場に費やす。スキーなんて、9割の時間はリフトに乗っているわけで、実際に滑っているのは1割。しかも科学技術を…

海外生活

海外で生活するのは、大学院生時代からの夢だった。修士時代に自分の所属していた研究室はちょっと変わっていて、夏休みは必ずインターンシップに行くことが義務付けられていた。修士2年の時に、LAのITベンチャーに2ヶ月ほど滞在した。その時の経験がその後…

香港は中国

MBAが始まって3ヶ月が経過した。授業に関して言えば、今までのところ、アジアを感じさせる内容あまりなく、おそらくそれは、欧米のスクールのそれと大きな違いは無いと思われる。今後徐々にアジア・中国色が強くなっていくことと思う。それとは別に、最近、…

リクルートイベント

HKUST MBAのクラス平均は29歳です。分散は以外と大きくて、下は24歳から上は39歳までです。彼らの多くに共通しているのは、大半が仕事を辞めてMBAに来ていることです。つまり、彼らはMBAに入学したその瞬間から(厳密には入学前から)就職活動が始まっていま…

Good Reason

高校時代の親友(後の浪人仲間)が英作文のテストで編み出した言葉です。 Good Reason = 良い 理由(わけ)= いいわけ = 言い訳 = (excuse) ということで、今回はこの「言い訳」について思うところを書いてみようと思います。 MBA入学後、言い訳に救われて、…

I hate English

Watch any American drama you want, like friends, prison break, 24, and so on. If you understand 85% of conversations and you can write down exactly what they say in the drama without a subtitle, you are OK and can survive in MBA in terms o…

MBAと目的意識

私の雑感ですが、MBAにくる人は、目的意識が高く優秀な人が多いようです。どういうことかというと、たいていの行動が理由付けされているのです。Why MBA、Why School、卒業後のキャリア、授業の選択からグループワークのスタンスと細部に至るまで、納得感の…