Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

権限を移譲する

メンバからの相談 炎上プロジェクトに入って、チームメンバからよく報連相*1を受ける。報告と連絡は正直どうでもいいが、問題は相談だ。自分は一応はリーダなので、この"相談"に直接応える機会も多い。相談は、往々にして問題やトラブルの対応についての意思…

お世話になっております。ヘルプデスクの moriken です。

先日、ひょんなことから、コールセンタでオペレータの業務を丸一日経験する機会を得た*1。今までやったことのない仕事で、中々よい経験ができたので、今日はそのことについて書いてみたい。 ポジションはアウトバウンダ コールセンタでは電話を受けることを…

2013年は23.3点!

2010年〜2012年は留学関連で多くの新しい出会いや経験があり、自分史上最高に激動の年だった。初めての海外生活、ビジネススクールという別世界。大変充実した時間だったと総括できる。さて、今日は2013年の大晦日。留学後にどんな事が起きたのか。年初に掲…

炎上プロジェクトからの予期せぬ贈り物

一年前はまだ香港に住んでいて、一年後にこんなことになっているなんて夢にも思わなかった。相変わらず、炎上プロジェクトに絶賛参戦中である。 正直まだ終わりは見えないのだけれど、時間がそれなりに経過したため、少し周りの景色を見渡す余裕ができてきた…

Diploma reminds me of my days in HK

何週間か前にアジアMBA祭りというイベントがあり、久しぶりに日本にいるHKUSTのAlumniに会うことができた。相変わらずみんな充実した日々をおくっているようで、何よりだ。 そういえば、外国の大学におけるAlumniの絆の強さというのは日本の大学の比ではない…

この1ヶ月で起こったこと

5月1日付けで正式に異動となったのだけど、実は4月中旬からは実質的に身体は新しい部署に移っていた。業務面でめまぐるしさがあり、全然一息つく余裕がなかったが、つかの間のスポットができた気がして、今こうして文章を書いている。 新部署での仕事は前に…

新たなチャレンジ

4月とか10月とか組織の改変というタイミングもあるのだけれど、振り返ってみると、そういう変化は急に訪れる。4月中旬から、異動を伴いつつ、全く予期していなかった新たな業務を担当することになった。 新しい業務というのは、「担当の役員のお付きとして、…

SIMフリー携帯もやっぱり大手通信キャリアの回線で

スマホ電話SIM(b-mobile) に不満爆発 以前、こんなエントリを書いた。かいつまんでいうと「1月に香港から帰国したのだけど、SIMフリーのiPhone4sをそのまま使うのでb-mobileを選んだ」という内容だ。 ちなみに、月額利用料は約2,300円。日本では結構安い部…

エンジニアに贈るMBA留学のススメ

留学を候補として考慮してほしい 会社の後輩が主催している社内勉強会で話す機会をもらい、MBAについて語ることにした。このネタについては過去に色々書いてきたのだが、今回の勉強会では、明確にポジションを取って、「エンジニアはMBAに行くべきだ」という…

手を抜くことに妥協しない

どんなことでもそうだと思うんだけど、費やした労力とそのリターン(の期待値)というのは非線形である。 「野球」というのを例にとって見ると、練習をはじめたばかりの時は飛躍的に上手になってゆくけど、ある程度上手くなった後、それを極めることは難しい…

そうだ、洋書でも読んでみる?

柄にもなく、今日は少し洋書を紹介してみようと思う。というのはいくつかの偶然が重なり、ぷち読書ブームが自分の中で起きているからである。偶然というのは、香港を旅立つ前、友人と食事をしたのだが、その際に洋書をプレゼントとしてもらったこと*1。通勤…

なんだかんだで結構充実している会社復帰

会社に戻ってから今日で1ヶ月が経過した。戻る部署というのは前からわかっていて、つまり留学前にいたところなんだけど、一体どんな業務を担当するのか、というのは知らされていなかった。香港で生活していて、MBAを出てて、というのを加味すれば、それを活…

帰国して半月たった

帰国してからおよそ半月が過ぎた。さすが30年以上過ごした場所であり、最初こそ戸惑ったものの、そこに適応していくスピードはすごく速い。最初は空港職員の態度が神がかっているように感じ、街中でお店に行っても、あまりのサービスの質の高さに驚愕してい…

日本ってやっぱ凄い国だなーと思ったこと

さてさて、1月10日の夜に17ヶ月ぶりに日本に帰国したわけだが、今回は、その夜体験したことのメモ。随分色々忘れてたなーと思うと共に、日本ってやっぱ良い国だな〜とも認識した。 以下箇条書きにて。 トイレがキレイ 空港のトイレなのに凄い清潔で、ウォシ…

内見なしでの家探し

引越し関連エントリ第2弾。今回は家探しについて。今はもう日本なんだけど、ちょうど1ヶ月ほど前は香港にいて、今回はその時懸命に取り組んでいた「家探し」について。 はじめに 自分の場合香港からの帰任であるので、遠く海外から完全リモート、つまりイン…

SIMフリー携帯を日本で常用する場合のベストな選択肢は? (追記あり 3.17)

引越し関連エントリの1つめ。携帯電話について。知ってる人は知っているが、香港は携帯天国である。例えば、旺角という場所には、携帯電話のデパートみたいなところがあって、そこでは数百の携帯ショップが軒を連ねているし、コンビニでプリペイドのsimカー…

エンジニアはMBAに行くべきか?

MBA仲間の一人からTwitterで面白い指摘を受けた。曰く「エンジニアはMBAで得るものが最も多いのではないか?」と。ふーん、なるほど。ちょっとこれはネタになりそうだな〜、ということで、今回はこの件について考えてみたいと思う。 エンジニアだけが得られ…

美味しい仕事

世の中には「美味しい仕事」というものがある。有名外資系金融の平均ボーナスが数千万円ということを報じるニュースを目にしたことのある人は多いと思う。あるいは、大手コンサル会社の給料を聞いて仰天したことがあるかもしれない。ここでいう美味しい仕事…

The Art of Asking Questions

コミュニケーションはプロトコルにそった通信系の実装みたいなもの 自分のいる業界(IT)では、「採用にあたって要求するスキルは?」と聞けば多くの場合「コミュニケーション能力」という答えが返ってくる*1。意外と思われるかもしれないが、IT会社(SIer)…

ちょっと焦って、ぼちぼち本気出す時期なんじゃないだろうか?

教授A:「Crowd Sourcingという手法を用いる際に問題となることは…」学生A:「コミュニティの維持や権利関係とか?」教授B「GEが企業買収で成長機会を拡大したとき、タイミングの他、企業価値を高めるためには何を...」学生B「その文脈で、アメリカでテレビ…

ビジネススクールにはどういう目的で人が集まるのか?

今日は、B-Schoolというところには、どういう目的で学生が集まっているか、ということについて紹介してみたいと思う。ちなみに有名ブロガーのちきりん氏も英語学習についてのエントリで書いていたが「視野を広げたい」「ビジネスレベルで英語が使えるように…

iPad miniにみる破壊的テクノロジの脅威

昨夜、というか今日の早朝にAppleの新製品発表会が行われた。事前の予想どおりiPad mini(と第4世代のiPad)が発表された。今回は、この新製品について思うことをちょっとまとめて見ようと思う。 Kindle Fire、Nexus7 = 破壊的テクノロジ? まずは、なぜこの…

香港MBA学生から見る尖閣諸島問題

香港というのはとても便利な土地で、西側の帽子を被ったり、中国の帽子を被ったり、TPOに合わせて、色々と顔を使い分けることができる。実際、テレビを見てもCCTV*1が流れてる一方で香港独自の放送局もある。新聞にしても本土の新聞の他、欧米の新聞も幅広く…

リクルートトークに参加できるのは想像以上の特権かもしれない

ビジネススクールでは色々な出会いの場、ネットワークの機会がある。リクルートトークもその一つだ。自分は留学後は自社に戻るので、基本的にこの手の説明会はずっと敬遠していた。だが、今回は、前から気になっていた企業がやってくるということで(企業自…

英語学習に100万円以上使って分かったこと、わからないこと

ほんとは「MBAが秘密にしておきたい究極の英語学習法」とかいうもっとキャッチーなタイトルも考えたんだけど、あんまり大げさなこといえるような立場でもないので、少し控え目にすることにした。ということで、今日は、一応海外在住(といっても香港だけど)…

横断歩道で走ったら警官に銃で撃たれる

今日は(も?)アホなエントリ。初めて外国に行った時のこと。2004年の夏なので、今から8年前だ。アメリカ、ロサンゼルスで2ヶ月間ホームステイをした。出国前に、色々な人からアドバイスを貰った。みんなが口々に言ったのはこんなことだ。 アメリカでは絶対…

エンジニアがビジネススクールで宇宙語にたじろがない方法

ビジネススクールという場所では、日常的に次のような会話がなされている。 マクロ経済の授業にて 教授「ホットマネーが中国に流入して云々」学生「その正体は?」教授「ヘッジファンドやプロップトレーダーとか・・・」教授「というわけでFedはFFRを調整し…

香港MBAを見たいと思ったその時に...

HKUST MBAに入学して以来、結構な割合でキャンパスビジットの希望を受ける。多様なバックグラウンドの方と接することで自分としても学ぶことが多い貴重なチャンスであり、基本的にビジットは大歓迎だ。今回は、そんなキャンパスビジットに関係し、それがスム…

君の想いが誰かにとどく

ここ最近、領土問題に端を発する残念としかいいようのない出来事が続いていた。ここ香港でも、一部の活動家が船で懸案地域に乗り込んだり、テレビでも連日その話題がトップ級の扱いをうけていて、その感心の高さが伺える。それでも、日本人にとっても暴力的…

「財布がない!」と気づいたその時に

前回に引き続き、ヨーロッパ旅行時のトラブルのはなし。今回は外部要因ではなく、自分に隙があったため引き起こされたものを振り返ろうと思う。 ローマ鉄道事件 ローマでは空港から市街までは列車に乗って30分ぐらいで移動できる、というのは事前に調べてあ…

ヨーロッパで小さな悪から身を守る

今日は久しぶりにまたヨーロッパ旅行の話。旅先で経験したトラブルについて振り返ってみようと思う*1。 謎の人たち 日本人の感覚では、一瞬理解できない人たちにヨーロッパでは結構たくさん出会った。 地下鉄でいきなり歌い出す/楽器の演奏を始める コスプレ…

Amazon EC2 は Innovative か?

今、Technology and Innovation Managementという授業を受けているのだが、これが結構面白い。今まで2回授業があったんだけど、Innovationの分類軸、エコシステムとプラットフォームの関係、Winnter-take-all-marketといった概念やフレームワークを扱った。…

エンジニアのためのMBA参考書

MBAというところには、様々なバックグラウンドを持った人が集まってくる、というのは迷信である。 実際は前職が金融やコンサルというのがかなり多く、会計士や弁護士といった士族も結構いる。また学部の専攻がビジネスである者も多い。非ビジネスバックグラ…

心を動かされた観光地 (ヨーロッパ紀行 2012年、夏)

今日はまた旅行の話題。ヨーロッパから帰ってきて友人や知り合いに会うと、真っ先に聞かれるのがこの質問。 ヨーロッパでどこが良かった? ということで、今回は、やはり感心が高いであろうこの話題、ヨーロッパで特に心を動かされた場所について紹介してみ…

水の都にあった秘密の小道 (ヨーロッパ紀行 2012年、夏)

前にも書いたように、この夏、新婚旅行に行ってきた。行程は香港→フランクフルト→ミュンヘン→パリ→バルセロナ→ローマ→フィレンツェ→ベネチア→ミラノ→インターラーケン→チューリッヒ→ウィーン→フランクフルト→香港。今回は、この中で美味しいと思った料理、レ…

SIerについてみんなに知ってほしいこと (インフラ部隊編)

以前にSIerとはなんぞや、というのを簡単に整理してみた。顧客の業務を効率化したり付加価値をつけたりする目的の情報システムを、状況に応じてカスタムメイドで作る、というのを生業としている会社のことである。前エントリは自分の業務をバックグラウンド…

ヨーロッパ紀行(2012年、夏)

新婚旅行に行ってきた。実は2年前に結婚したんだけど、MBA絡みでずるずると引き伸ばし今頃になってようやく出発したのだ。実は生まれてこの方ヨーロッパの地を踏んだことがない。アメリカには行ったことがあるが、32年の人生で初のヨーロッパ。なんだかとて…

厦門滞在記

香港国際空港から飛行機で1時間あまり、常夏の楽園アモイ(厦門、Xiamen)は中国と台湾の国境沿い、中国側にある。 街の雰囲気は、南国のイメージにぴったりで、何か、どこか、おおらかな、のんびりしたような感じである。香港の騒がしい、忙しない風景とはか…

香港の旅行代理店の価格戦略

厦門旅行 厦門(アモイ)、というのは、香港から飛行機で1時間ほどの場所だ。中国(PRC)と台湾(ROC)の境界でPRC側、といえばイメージがつきやすいかもしれない。 map:x118.089445y24.479806:map:h250 6月28日は妻の誕生日である。当初は結婚関係のイベント…

香港大学の学生ですが、ちょっとお話を…

アジアのMBAを考えている、という人以外には全く未知の話かもしれないが、香港大学(HKU)、香港中文大学(CUHK)、香港科技大学(HKUST)は合わせて(ごく一部の人の間で)香港MBAの御三家と呼ばれているライバル校である(ちなみにシンガポールにもMBA御三家…

四川料理を食べながら

昨夜は香港MBAの仲間の一人が交換留学に旅立つということで、その送別会だった。 TSTのレストランで四川料理を食べながら、お酒も飲みつつしばし談笑。結構辛くてビールが進む。美味しい。 そんなこんなで、ひところ落ち着いたところで、旅立つ本日の主役か…

泥水は美味しいか?

会社で「あいつはキレる」と評判の先輩社員と一緒のプロジェクトを担当した際の雑談の場面での一コマ。 先輩曰く「最近は若い間に泥臭い仕事をやるチャンスが減ってきた。単純にそういう仕事に対して新入社員が多い、という会社の構造変化によるものだが、い…

ルパン三世と夏の京都

今、ルパン三世の新シリーズが日本では放送されているらしい。自分も高校生ぐらいまではこの作品が大好きで、ときたまテレビで2時間の特番が放送される時は欠かさず見ていた。 あれは、浪人生活を1年過ごした後の大学1年の夏休みのこと。当時、高校からの友…

香港サバイバル (香港グルメその2)

はじめに 3週間ほど前に、授業の帰りに日本人同級生のAさんと一緒になり、香港における日本食事情を熱く語り合った。一般的に言って、日本人にとって香港の料理は美味しい。何だかんだいって、文化的に中華料理を受け入れる土壌を持っていることは大きい。食…

BigDataとは何を象徴しているか?

「データマイニング」という言葉を初めて聞いた(見た)のは、M1の時、工学部の図書館でうろうろしていた時だ。その時の感想は、また変てこな言葉作ったなー、だった。データの中から知識を発見するという試みは、もう随分と前から行われていた。学部生の時に…

CUHK(香港中文大学)に行ってきた

今回から数エントリほど、MBA界隈の人気ブログの形式をパクってオマージュして、ブログを綴っていこうと思います。記念すべき第1回目は、毎日ブログを更新しているシンガポールのカリスマブロガー、kosu0621さん風でお届けします。 今週の火曜日に、香港中文…

Perception is more important than reality

今回は(も?)完全に妄想ネタです。 仕事ができる人は必ず出世するか? という問があったとします。はたして、みなさんはどう答えるでしょうか?おそらくほとんどの人は「残念ながらNo」と回答するのではないでしょうか(妄想1)。ところが、一方で 仕事が…

シンガにするか、香港にするか、それが問題だ

昨日シンガポールのNUSのMBAに通うkosu0621さんが香港にやって来た。彼の旅の目的は、シンガポールという国を見つめなおすキッカケとして、外である香港からそこを眺めるというものだそうだ。香港で生活する自分もkosuさんの気持ちはよくわかる気がする。外…

MBAの価値とサンクコスト -MBAは役に立つのか?-

MBA留学をしていていて、ブログを書いている人は、誰しもその期間中に一度は触れることになるだろう、この話題。MBA留学の価値について考えてみたい。 MBAの価値を決めるもの MBAの価値を考えるには、その評価軸を決める必要がある。例えば、 お金に関係する…

リスク、リスク、リスク

今日から第4タームが始まった。昨年末の第2タームのふり返りや3タームについてまとめる前にこれを書くのもあれだが、今日の授業で個人的に面白い発見があったのでエントリにまとめておく。 さて、話はストックオプションから始まる。ストックオプションとは…